『猫50匹殺した』52歳の男を窃盗容疑で逮捕

富山県内で猫が相次いで連れ去られていた問題で、52歳の男が飼い猫1匹を盗んだ疑いで13日に逮捕されました。容疑者の男はJNNの取材に「猫を50匹殺した」と話していました。

 窃盗の疑いで逮捕されたのは、富山市の無職・新村健治容疑者(52)です。警察によりますと、新村容疑者は先月19日、射水市内の路上で、近所の男性の飼い猫1匹を盗んだ疑いが持たれています。新村容疑者は警察の調べに対し、容疑を認めています。

 また、新村容疑者は逮捕前の今月4日、JNNの取材に対し、「1年半前から飼い猫や野良猫を相次いで連れ去り、50匹以上殺した」と話していました。

 「せっかく苦労して捕まえてきたのに、すぐ死んでしまったら面白くないから、ただニャーニャー鳴いているのを聞いて楽しんでいた」(新村容疑者〔今月4日〕)

被害者の男性が容疑者の逮捕を受けて取材に応じ、「逮捕されても、気持ちは晴れない。私にしたら、大事な家族。納得できないし、こんなばかなこと、誰も許さない」と、悲しみと憤りをあらわにした。

男性によると、5月19日に飼っていた3歳のアメリカンカールのオス「モコオ」が連れ去られたという。モコオが連れ去られるところを近所の人が目撃し、車のナンバーと車体の色を記録しており、男性は警察にすぐに連絡したという。

その後、同27日に男性の家族が射水市内の国道8号線を車で走行していると、前方にモコオを連れ去ったのと同じナンバープレートを着けた車が偶然、走行していたのを発見。追跡し、新村容疑者の自宅前で同容疑者に接触した。被害者の家族が「うちの猫を、どこにやった?」と問いかけると、同容疑者は「いたけれど、エサをやったら逃げた」などと、あいまいな返答をしたという。

男性がSNS上で猫が連れ去られたと発信したところ、2月に同県立山町の富山地方鉄道寺田駅にすみ着いていた、看板猫の小太郎(こたろう)がいなくなったとの情報が寄せられた。小太郎の世話をしていた人によると、遊んでいた小太郎の近くで白い軍手を着用した男と車を目撃しており、その車が発車した後、小太郎の姿が見えなくなったという。車も軍手の色も、モコオが連れ去られた際に目撃者が見たものと一致したという。

男性は6月4日に、富山県内のボランティア団体「しっぽのこころ」の宇多利美代表とともに、新村容疑者の自宅を訪問して聞き取りを行い、動画も撮影した。同容疑者は「1年半の間に50匹ほど殺した?」と聞かれると「50匹ほど…はいはい」と答え、猫を連れ去って殺したことを認めた。「興奮した?」と聞かれると「正直なところ…」と答えて、うなずいた。

殺し方について聞かれると「水だけしか与えずに、そのまま…。ほぼ(部屋に)閉じ込めっぱなし」と答えた。その上で「せっかく苦労して捕まえてきたのに、すぐ死んでしまったら面白くない。ニャアニャア、泣いているのを聞いて楽しんでいた」とも答えた。新村容疑者のスマートフォンには、インターネットの検索履歴として「猫閉じ込め」「猫閉じ込める」「猫を殴る」「猫蹴る」などの文言が残っていたという。

一連の行為に及んだ動機を聞かれると、新村容疑者は「ストレス発散。(他の発散方法は)なかった。やっぱり、1人暮らしで誰にも相手にしてくれなかったから」と答えた。ただ、宇多代表によると、同容疑者は電話の発信、着信履歴を毎回、消去していた一方で、「友だちがいない」と言いながらアドレス帳には約270人が登録されていたといい、不信感を持ったという。

被害者の男性によると、モコオは小さい頃に譲り受け、めったに外には出さず、散歩の時もいつも抱っこするなど大切に育ててきたという。モコオも常に飼い主の近くにおり、かわいがってくれる隣家の家族のところくらいにしか出掛けず、遠出もしなかったという。1年半ほど前に、尿結石の手術を受けるなど幾つか、病気にもなったが、最近は元気で「元気になった。健康で良かったね」などと家族で喜び合っていた中で、連れ去られてしまった。

男性は、新村容疑者に聞き取りを行った当時を振り返り「『殺しました』と言うのを聞き、何を言っているのかが分からなくなって、全身に汗をかいた」と怒りを抑えきれない様子だった。

なんとも腹立たしい事件が起きてしまいました。

被害者の男性の気持ちを考えると胸が張り裂けそうです。

抵抗できない小さな命を弄ぶ卑劣な行為です。

しかしなぜ猫を50匹も殺しているのに逮捕容疑が窃盗なのでしょうか?

じつは動物愛護法の最高刑愛護動物殺傷罪が懲役2年刑法の動物傷害罪が懲役3年であるのに対し、窃盗罪が懲役10年で最も重くなっているのです。

誘拐(窃盗)した猫の数が50匹超と多いですし、被害にあった飼い主とその飼い猫を1件ずつ特定し、できるだけ多くの余罪を立件したうえで、厳罰に処してほしいですね。