自宅でペットの遺骨を供養【注意するべき事】

ペットの遺骨はどう供養すればいいの?

一昔前まではペットが亡くなったら庭先に埋める方【土葬】が多かったのですが、一軒家を持たない方が増えてきたり、ペットに対する考え方も変わってきて、現在では多くの供養方法があります。

そもそも土葬をするには厳しい条件がありますので、土葬を考えている方はこちらの記事をお読み下さい。

ペットのお葬式【土葬とは?】

現在最も主流なのはやはり【火葬】でしょう。人間さながらの葬儀をして、遺骨を火葬後に遺族の手で拾えるコースなどがスタンダードになりつつあります。

ではペットの葬儀、火葬後の遺骨はどう「供養」すればよいのでしょうか?

 

火葬後の様々な供養方法

ペットの火葬後の「供養」の方法は様々です。この「供養」には具体的に4種類あり、自宅で供養を行う「自宅供養」、ペット霊園や霊園施設の納骨スペースを使った「納骨供養」、火葬後にお骨を粉骨加工(パウダー加工)し、「海洋散骨」「樹木葬」とあります。詳しくはこちらの記事をお読みください。

ペット火葬後の供養方法

この中でも今回は「自宅供養」する際に注意して頂きたい事を掘り下げて説明させて頂きます。

 

自宅供養

自宅供養はその名のとおり、ご自宅に遺骨を持ち帰り自宅で供養することで、大半の遺族の方がこちらを選ばれます。

ペット霊園、葬儀社が運営している納骨堂や墓地に納骨するのではなく、遺骨を自宅で保管し慰霊の場を身近に置いて供養することを言います。

自宅供養をする場合に、何か決まりがあるという訳ではありませんが、遺族がただ家に遺骨を置いておくだけではなく、お線香をあげたり、命日だったりにペットの好きだったおやつを供えてあげて思い出話をしてあげるなど、自分なりの供養をすることが大切になってきます。

また、ペット用の仏壇や位牌、仏具セットなど様々な商品がででいますので写真を飾ったりして供養する為のスペースを作ってあげましょう。

 

 

遺骨にカビが生える?

 

ペットの遺骨を自宅供養する際に遺族の方が気にする問題の中で一番は、やはりカビだと思います。

自宅供養の方法などを調べるとやはりカビに関する記事も多くこの記事を読んでいる方がたも心配されているのではないでしょうか?

結論からいうと、遺骨にカビは生えづらいです。

カビが発生する条件としては、温度や湿度、水分、栄養分が必要になりますが、遺骨ですので、水分やカビの栄養素となるものがほとんどないのです。

湿気の多い所に置いていて骨つぼの中に湿気が入ってしまい、遺骨にカビが生えてしまった。
という方はもしかしたら、遺骨表面についている胞子のような物をカビと勘違いしている可能性があるかもしれません。

また、火葬後の遺骨は真っ白というイメージがあると思いますが、火葬の温度やバーナーの火の当たり方、一緒に火葬した遺品などの成分の化学変化などによって、遺骨にも色がつく場合があります。

その色味をカビと勘違いしている可能性が高いです。

しかし、実際に遺骨にカビが生えてしまったかたもいらっしゃると思います。

考えられる原因としましては、まず火葬です。

火葬の際に温度が低かったり、火の当たり方などでうまく火葬ができなかった遺骨は黒く残る場合があります。

病気の部分なども黒く残ってしまうと言われていますが、そういった黒く残った部分には、カビの原因になる水分、栄養分が含まれておりますのでカビが生えてしまう可能性もあるでしょう。

きちんと火葬してくれるペット霊園、ペット葬儀社に依頼すればおそらくカビが生えるといった事は考えずらいと思いますが、

万が一大切なペットの遺骨にカビが生えてしまったらと不安になる事と思います。

対策

では、骨壺の中にあるペットの遺骨になるべくカビを生えさせないで保管するにはどうしたらいいのでしょうか?
基本的には湿気の少ない所に置いてあげるくらいでよいのですが、不安な方は以下の方法を試してください。

骨つぼを納めるオオイ袋の中に除湿剤のシリカゲルを入れる。

シリカゲルは良く食品のパッケージの中に入っている除湿剤で、100円ショップやホームセンターのキッチンコーナーに行けば売っています。

湿気が入らないように骨つぼの蓋をテープなどで密閉してあげる。

テープで密閉することによって湿気が入ることを防ぎます。また自宅供養の場合地震などで倒れて骨つぼの蓋が外れてしまう場合もあるのでそちらの対策にもなります。

まとめ

ペットの供養に決まった形はありません。もちろん遺族の信仰に基づき、人間と同じように四十九日などの法要、納骨や埋葬をされる方も多いと思いますが

「気持ちの落ち着くまで」何年でも自宅供養されてもよいのです。

10年20年と自宅供養されてから、自身と同じ墓地に入ったり、永代供養の合同墓地に埋葬される方もいます。

家族が喜ぶことが何より嬉しかったペットにとっても、遺族、皆で考えた供養が一番なのです。

 

ユーザーの口コミ評価の多い
東京・神奈川・埼玉の
おすすめペット葬儀社は
こちら
ユーザーの口コミ評価の多い
東京・神奈川・埼玉の
おすすめペット葬儀社はこちら