CIAの爆発物探知部隊をクビになった犬

職業犬の役割は言うまでもなく立派ですが、すべての犬が警察犬に適しているわけではありません。

フレンドリーすぎて悪者を追いかけられなかったり、その仕事自体、またはその匂いに関心を示さなかったり。CIAの訓練犬であったルルもその1匹です。

ルルはCIAの爆発物探知犬として訓練を受けていましたが、ひとつの小さな問題がありました。
トレーニングを始めて2、3週間で、ルルは爆発物の匂いを探知することに興味を示さなくなってしまったのです。

訓練犬のなかには気分が乗らない日があったりするのですが、ルルの場合はまったく関心を失ってしまったようでした。
食べ物や遊びでもモチベーションは上がらず、訓練生活を楽しんでいないのは明らかでした。

犬の身体や精神面での健康を最優先し、CIAはルルをプログラムメンバーから外すことにしました。
「負け犬」となったルルでしたが、幸運なことに担当の訓練士にペットとして引き取られ、犬としてはハッピーな暮らしを手に入れることができたのです。

ルルは毎日子供たちと遊んだり、裏庭でうさぎやリスの匂いを嗅ぎつけたり、犬用のトレーでご飯やスナックを食べ、犬らしい生活を満喫しているそうです。

ルルの代役としてCIAに採用されたのは、1歳の黒いレトリバーのハリー。ふざけるのが好きでエネルギーに溢れ、ジャンプや遊びが大好きな男の子です。
プログラムでは最年少だが、学習意欲がとても高くて賢いハリーの今後の活躍が楽しみです。

ユーザーの口コミ評価の多い
東京・神奈川・埼玉の
おすすめペット葬儀社は
こちら
ユーザーの口コミ評価の多い
東京・神奈川・埼玉の
おすすめペット葬儀社はこちら