命の奇跡や愛する幸せを教えてくれた「うちの子」。あの子の死を通して人生に新たな希望を見いだす『ペットたちは死んでからが本領発揮!』発売

ペットの病気や死を体験して、私たちは人から学べなかった多くのことを、苦しみの中で泣きながら学び始めるのです。「死は永遠の別れじゃない」――「生と死」は「光と闇」なのではないことを知ってほしいのです。

※ 配信会社から提供された企業や団体等のプレスリリースを原文のまま掲載しており、【優良ペット葬儀社ガイド】が取材・執筆した記事ではありません。お問い合わせは、各情報配信元にお願いいたします。

株式会社ハート出版(本社:東京都豊島区池袋 代表取締役:日高裕明)は、ペットの死と飼い主の新しい関係性をスタートさせようとする『ペットたちは死んでからが本領発揮!』を刊行しました。ロングセラーとなっている『ペットがあなたを選んだ理由』第3弾として、愛や喜び、悲しみのもっと先に踏み込んだ「死に光を当てる」斬新な内容となっています。

高野山真言宗僧侶、心理カウンセラー、そして動物保護施設の手伝いに奔走している「ときどき執筆家」の著者が綴る渾身の異色作。

ペットたちは生きている時は一匹のかわいい猫であり、一頭の愛おしい犬である。しかし、私たちはこの子を失って初めて、今まで考えてもいなかった神学者のようなことを考え始める。「なぜ生きているのか」「なぜ苦しみがあるのか」「死んだあとはどうなるのか」と。

副題が「ゆるりん坊主とネコ如来の禅問答」となっているが、それは一章分で、他の八章を織り交ぜながら、死を多角的にとらえ、様々な角度から思考し、死の概念を壊してまた新たに構築する。生命の基本であるスクラップ&ビルドがテーマとなっているのだ。

著者は、初めての犬を不適切な飼い方で若く死なせてしまった後悔や、二頭目に物心の全精力をかけた愛情と安楽死に伴うペットロスの体験から、心理学を学び、寺院の門をたたいた。

また、愛されずに捨てられるペットたちの現実に心を苦しめ、保護施設で世話し続ける動物たちの死を見送り、そして長年連れ添った愛猫との別れから「身体と魂」について新境地に達する。

生には役割があるが、死にもまた役割がある。死とは特別なことではなく、日常の空間にリンクするのだと。地球上の生物の中で、健康な時から死を意識して恐れるのは人間だけ。私たちは極端に死を恐れ、生に執着するようになったのではないか。そして人間はペットを食物連鎖の輪からだけでなく、輪廻の輪からも逸脱させてしまったように思うと。

自然の食物連鎖、命のサイクルは理解するが、しかし僧侶でも神職でもないわれわれ飼い主は「魂という不確かなものではなく、とにかく抱きしめられる身体そのものに執着する」ものである。

あなたは子猫を拾ったり動物を助けたりして、うちの子として至福の時間を共に過ごし、天へ送ったことがあるだろうか。やがて人生の苦境において気づく時が来る。「助けたと思っていたら、実は助けられていた。愛していたと思っていたら、実は愛されていた」ことに。

著者はさらに言う「うちの子からもらった幸せや無償の愛を、どこかに還元しなければ、ペットの死後生は生かされない」と。

まさに、あの子の死からあなたの人生の本編が始まるのです。本書はお坊さんの説法などではなく、うちの子の死に光を当てた希望の書であるのだ。

第1章のお年寄りと老犬の話に涙し、第6章では老猫の死に際に胸が痛むことだろう。ペットロスの方には第8章をお勧めしたい。

・目次

ごあいさつ
第1章 私たち飼い主はあの世の目を持つ
第2章 初めての子からは無知を学ぶ
第3章 野生が教える命のサイクル
第4章 スペシャルな子が導く人生の秘密
第5章 〈私小説〉猫如来との禅問答
第6章 うちの子たちはこの世にいる意味を教える
第7章 怒りを愛に転換する世界へ
第8章 五感で叶う「もう一度会いたい」
第9章 死に光を当てるとき
あとがき
参考書籍

・著者プロフィール

高野山真言宗僧侶/心理カウンセラー/
生理栄養アドバイザー/陰陽五行・算命師
前職はペットライター、東京愛犬専門学校講師、やくみつるアシスタント。
その後、心理カウンセリング、生理栄養学、陰陽五行算命学を学び、心・身体・運気などの相談を受けるカウンセラーに転身。より深いご相談に対応できるよう出家。飛騨千光寺・大下大圓師僧のもと得度。高野山・飛騨で修行し、現在高野山真言宗僧侶兼カウンセラー。個人相談カウンセリング、心や身体などの各種講座、ペット供養などを受ける。
著書に『だから愛犬しゃもんと旅に出る』(どうぶつ出版)、『ペットがあなたを選んだ理由』『捨てられたペットたちのリバーサイド物語』『ねこ神さまとねこおやじ』(ハート出版)、『40代からの自分らしく生きる体と心と個性の磨き方』(佼成出版社)。原作に『HONKOWAコミックス ペットの声が聞こえたら』シリーズ〈生まれ変わり編〉〈奇跡の楽園編〉〈あなたのやさしい手編〉〈虹の橋編〉〈愛の絆編〉〈保護犬・保護猫奮闘編〉(画・オノユウリ/朝日新聞出版)

「ゆるりん坊主のつぶやき~塩田妙玄~」
https://ameblo.jp/myogen/

・書籍情報

書名:ペットたちは死んでからが本領発揮!-ゆるりん坊主とネコ如来の禅問答
著者:塩田妙玄
仕様:四六判並製・284ページ
ISBN:978-4-8024-0093-0
発売:2020.11.04
本体:1,600円(税別)
発行:ハート出版
書籍URL:http://www.810.co.jp/hon/ISBN978-4-8024-0093-0.html