心斎橋のホステル内にねこ浴場&ねこ旅籠、新コンセプトの保護猫カフェ誕生

保護猫と触れ合えるカフェ「ネコリパブリック大阪『ねこ浴場』」(TEL 06-4708-3889)が7月15日、宿泊施設「ザ・ステイ・オオサカ 心斎橋」(大阪市中央区島之内1)1階にオープンしました。運営はネコリパブリック(岐阜県岐阜市)。(なんば経済新聞)

 

「2022年2月22日までに、日本の猫の殺処分ゼロ」を目標に2014(平成26)年、岐阜に1号店をオープンした同カフェ。地域の保護猫団体から猫を預かり、猫と触れ合えるカフェとして運営することで「ビジネスとして自走」しながら保護活動や里親探しを進めています。

全国でホゴネコカフェを展開するネコリパブリックの大阪店の新コンセプトは、猫浴場。日光浴、森林浴と同じように猫まみれになり、猫を浴びて癒やされ健康になる猫浴健康を推奨します。

 ねこ銭湯の猫たちは、全員新しい家族募集中です。里親になれなくても、猫たちと遊ぶことが、猫たちの人馴れトレーニングになり、里親探しの手助けになります。さらに、入場料や買い物の代金が猫たちのご飯代金や、医療費に使われるのです。

 日光浴につづく猫浴を提案できるよう、外装、内装を銭湯のようなイメージに仕上げ、スタッフの受付は番台。猫浴健康法、ゴロゴロ療法や、猫温湿布など面白いコンセプトを売りにして、より多くの猫に興味がない人たちにも猫の素晴らしさを提案できる場にしていく予定だそうです。

カフェスペースは約32平方メートル。利用者は入り口でロッカーに荷物を預け、洗面器に貴重品を入れて、カフェスペースに入ります。「浴場」をテーマに、壁にはタイルを張り、富士山や鶴を描いています。約15匹の猫が滞在し、利用者は気に入った猫がいれば引き取ることも可能です。店内の猫はワクチン接種や、駆虫、去勢・避妊手術などを施しています。平日は10分=216円、土曜・日曜・祝日は10分=270円。フリードリンク代(378円)が別途必要です。

営業時間は平日は午後12時から8時、土・日・祝日は午前10時から午後8時です。

ネコリパが1階に入るこの建物の上部には、300ベッドある日本最大級のホステルがオープンする予定です。

ユーザーの口コミ評価の多い
東京・神奈川・埼玉の
おすすめペット葬儀社は
こちら
ユーザーの口コミ評価の多い
東京・神奈川・埼玉の
おすすめペット葬儀社はこちら