ペットを愛する人に納得のいくお見送りを。京都発、お寺のお坊さんによる本格ペット葬儀「お寺のペット葬 安穏」サービス開始!

ただひたすらにペットを愛する人のための新サービス。京都の歴史あるお寺の僧侶が、ペットのために人間同様のお葬式をします。

※ 配信会社から提供された企業や団体等のプレスリリースを原文のまま掲載しており、【優良ペット葬儀社ガイド】が取材・執筆した記事ではありません。お問い合わせは、各情報配信元にお願いいたします。

株式会社 PET(所在地:京都市、代表者:猶原 優)は、2020年11月4日(水)より京都を中心に関西全域にて、ペットのためのお葬式サービス『お寺のペット葬 安穏』を開始することを発表いたします。 2020年11月4日に、京都で新たにペット専門のお葬式「お寺のペット葬 安穏」(株式会社PET)がサービスを開始しました。

 京都の歴史あるお寺の僧侶と、動物が大好きな社長が意気投合し「お寺のペット葬 安穏」を立ち上げました。
 社長は以前、自分の飼っていたペットの火葬サービスを利用したが、あまりの手短さにとても残念な気持ちになりました。その時の「ペットは家族なのだから、人間と同じように丁寧なお葬式ができたらいいのに。」という思いから「お寺のペット葬 安穏」は生まれました。

(左:江本光輔 中央:木本晃英 右:猶原 優)

 この社長の思いに賛同したのは「すべての生き物に平等にお経を読み、ペットにも人と同じ葬儀をしてあげたい。」と願う浄土真宗成満寺の僧侶、木本晃英でした。

「いつの時代も動物たちは、私たちに色んなことを教え、伝えてくれます。

 近年、ペットは家族として迎えられ、一緒に暮らすかけがえのない存在となりました。そんな愛する家族を亡くした時、悲しみは計り知れません。

 ペット葬儀は大切なペットをお見送りするだけでなく、残されたご家族の気持ちを整理するためにも大切な時間です。皆様方の大切なご家族を、生死と常に向き合ってきた私たちが真心込めて執り行います。」

 そこに彼らの思いに賛同した江本光輔が加わり、三名で安穏のサービスを形にしました。江本は元キーエンスの営業で現在は数多くの事業の立ち上げに携わっています。その豊富な経験から動画制作やSNSマーケティングに精通しており、これまでのペット葬業者にはなかった新しいペット葬の形を提案します。

 「お寺のペット葬 安穏」はこれまでのペット葬とは大きく違う点が3つあります。
①愛するペットのためにお寺のお坊さんが人間同様の葬式を執行う
②プロの動画クリエイターによる業界初メモリアルムービー制作を行っている
③仏具店と提携しており、ペット専用の本格的な仏具を取り扱っている

 創業メンバーの年齢層が若いことを活かし、業界のしがらみにとらわれず、真にペットを愛する人のためのサービスを作り続けられることが私たち安穏の強みです。

 京都を中心に関西全域に対応しております。お寺でのペット葬儀の他、火葬炉を積んだ専用車で訪問しご自宅でのペット葬儀も承っております。

 私たち安穏は、ペットを愛する人の納得のいくお見送りを真心込めてお手伝いさせていただきます。