大安

大安

大安とは

大安は中国由来の暦の一つで、六曜(六輝)の一つです。

陰陽五行という中国の易経や様々なものから生まれ、中国の六壬時課または小六壬と呼ばれる時刻、日の吉凶占いが日本では室町時代に六曜が輸入されました。

大安の読み方

読み方はご存知の方も多いと思いますが、『たいあん』です。

大安は地域によっては『だいあん』と読む場合もあるそうです。

大安の意味

大安の意味は暦の本では次のように記されています。

吉日。婚礼、開店などの慶事、祭り事などに吉

広辞苑では次のように表記されています。

吉日で、万事によしという日。今日では多く結婚式などに良い日とされる。

 

「大いに安し」の意味で、何ごとにおいても吉とされる日です。

大安の日の時間と吉凶

大安の日は一日吉です。

六曜の他の友引や先勝には時間帯によって吉凶が分かれますが、大安はそのようなことは考えなくて大丈夫です。

大安は「何もしない方がいい日」説

大安の意味で「大安は何もしないのが最もよい」というものを聞いたことありますでしょうか?

大安はキリスト教やユダヤ教の中の安息日という何もしないのが良いとされる日と同じだと考える専門家もいるため、このような意味を持つとされます。

そのため、結婚式は大安じゃない方が良いという意見もあるのですが、これは捉え方次第なので気にしないでも大丈夫です。

大安の日にやって良い事、悪い事

大安は、吉日で、万事によしという日ですので基本的にやってはいけない事はありませんが、解説させていただきます。

引越し

大安の日にお引越しは縁起がよいとされます。

大安に引越しをするのがいいとされる理由は、大安という日が六曜の中で最もよい日とされているからです。そもそも引越しに限らず、大安は何かをするのに最も適した日とされています。そのため、冠婚葬祭や大きな行事やお祝い事などは大安に設定する場合がほとんどです。

日本人は他の国の人と比べると縁起担ぎを好む民族だといわれています。新しい新生活のスタートが縁起のいい日だと、縁起担ぎだとわかっていても気分が少し上がりますよね。

もし引越しの日を大安にできるのであれば、ぜひそうしてみてはどうでしょうか。

結婚式

結婚式のお日柄はいつだったのかというアンケートによると、大安の日に結婚式を挙げたカップルは25.7%となっています。

4組に1組のカップルが大安を選んでいるといった結果です。

大安に結婚式をするメリット

・両親や親戚などが安心してくれる

結婚する本人たちが気にしないとしても、年配のゲストや両親はやはり日柄を気にする世代です。

大安は昔から「万事に良い日」といわれています。日柄が良いとされるため両親や親戚などが安心してくれるのが一番のメリットでしょう。

結婚式はもちろん二人だけの意見ではなく、その両親や親戚も同意をしてくれなくては成り立ちません。

結婚式という一生に一度のイベントだからこそ親世代は日柄の良い日に挙げてほしいと思うことでしょう。

全員が納得する日に結婚式を挙げたいというのであれば、大安にしておくことで両親も納得し反対することもなくスムーズに結婚式準備が進められることでしょう。

・縁起が良い

結婚式を挙げる二人はもちろんですが、その両親など結婚式を主催する側は「ゲストが気にするだろう」「親戚に日取りについて何か言われたくない」という傾向が強いようです。

また、今後の二人の結婚生活で何かあった時に、大安の日に結婚式を挙げたことで安心感が出るということもあるのではないでしょうか。

入籍

大安に入籍も縁起がよいと言われます。

一日中あらゆることが「吉」なので、結婚式や結納の日に選ばれることが多いようです。

葬儀・葬式・通夜

大安にお通夜やお葬式を行ってよいか否かについては、結論からいいますと全く問題ありません。
それにも関わらず、大安にお通夜やお葬式が行われない理由は、多くの人が大安は縁起が良い日という認識を持っているため、そのようなおめでたい日にお通夜やお葬式を執り行うのは何となく不謹慎と思われる人がいるためのようです。

ちなみに、お通夜やお葬式は、故人がお亡くなりになった翌日にお通夜、さらにその翌日に葬儀・告別式を執り行うのが一般的です。

大安に葬儀を行う際の注意点

大安にお葬式などを行うことは問題ないのですが、実際に執り行う場合は、以下の点に気を付ける必要があります。

参列者が嫌がる可能性がある

一般的には大安は「おめでたい日」というイメージがあります。

そのため、参列者の中には、嫌がる人がいる可能性もあります。

さらに、喪主などに対して「常識がない」という印象を持たれる可能性も想定に入れておく必要があります。厳密にいえば、大安にお通夜やお葬式を執り行っても全く問題ないのですが、参列者の中にはそのような知識を持たない人もたくさんいらっしゃいます。

また、わざわざ参列者に対して、「大安にお葬式を執り行っても問題ない」と説明するというのも現実的ではありません。

従って、そのような煩わしさを避けるために、敢えて大安にお通夜やお葬式を執り行わないという人がいるのも事実です。

納車

大安の日に納車は縁起がよいとされます。

車は事故を起こさないという縁起を担ぐためにも、縁起の良い日に行うのが一般的ですので、大安の日の納車は大変縁起がよいとされます。

ちなみに、仏滅、赤口は納車には縁起の悪い日とされ、大安・友引・先勝・先負と言った日の吉の時間帯にするのが良いとされます。

入院見舞い

大安の日のお見舞い。もちろん一日中あらゆることが「吉」なので、選ばれることが多いようです。

お見舞いに特に向かないとされている日は赤口です。赤口とは文字通り赤に関するもの(例えば火の元や刃物、血など)の災いに注意が必要とされる日なので、血液や刃物と縁の深い病院へお見舞いに行くのはご法度ですから避けましょう。

法事

没後100日目まで行う法事・年忌法要について、大安でも特に気にすることなく開催できます。そもそも「六曜」は仏教や神道とは無関係に発達したものです。
吉凶を気にする風習の強い地域でも「弔事は吉日に行っても構わない」と考えられています。法事日程については、遺族の都合と御命日にしたがって自由に決め手も構いません。

そもそも、六曜とは暦注と呼ばれるものとしてカレンダーなどで目にすることが多く、陰陽五行や干支に基づいてその日や方角にしたがって吉兆を判断するものとされています。
そして、六曜の考え方は中国を起源とするものであるとされています。

まとめ

ここまで大安やその他の暦についても詳しく見てきました。

縁起が良い、悪いという話はありますが、あくまでこれらは補助的なものと考えましょう。

暦の本でも、あくまで暦は生活の中心ではなく、助けとなるものと紹介されており、暦にがんじがらめにならないようにしましょう。

ユーザーの口コミ評価の多い
東京・神奈川・埼玉の
おすすめペット葬儀社は
こちら
ユーザーの口コミ評価の多い
東京・神奈川・埼玉の
おすすめペット葬儀社はこちら