ペット葬儀の服装・準備する物

ペット葬儀の服装・必要な物について詳しく説明しているページです。

普段経験することのあまりないペット葬儀。ペット葬儀時の服装や準備する物は一体どんなものでしょうか。このページではそんなペット葬儀の豆知識をお伝えします。

服装

暗いトーンのカジュアルな私服でOK

人間葬儀では喪服、いわゆる上下黒のスーツ。しかし、ペットの場合はどんな服装をすればよいのでしょうか?

男性の場合も、女性の場合も、もちろん喪服がペット葬儀時は喪服以外であれば、色が暗めのカジュアルな服装で行う
一番良いのですが、ペット葬儀の場合は友人や
親せき、知り合いなどの方々は基本的に葬儀に参加しません。

また、今現在ペットの葬儀に関しては「喪服」を
着なくてはいけないという習慣がありませんので、
基本的には私服で大丈夫です。

ただ、やはり我が子(ペット)の旅立ちなので、
明るいトーン(赤・黄色等派手な色)の服装や、
肌が露出するような服装(スカート等)はなる
べく避けた方が良いでしょう。

理想としては、上下黒ベース(暗いトーン)の
カジュアルな格好が無難です。

葬儀時、準備する物

一緒に火葬してあげたい物を準備してあげましょう

ペットを火葬する際に、一緒に火葬してもらいたい物(大好きだったおやつ、おもちゃ等)を準備しましょう。

やはりご自身のペットも好きだったおやつ、おもちゃが
あったら喜ぶと思いますし、そばにあれば安心して旅立つ一緒に火葬してあげたいおやつ、おもちゃを用意してあげる ことが出来るのではないでしょうか。

中には火葬ができないもの(金属類・プラスティックなど)
が入らないようにしてください。

火葬が出来ないものを一緒に火葬してしまうと、お骨に
溶けたものが付着してしまったり、火葬しきれなかったり
してしまう恐れがありますで、必ず依頼したペット葬儀社に
聞いてみてください。

正しいアドバイスをしてくれるはずです。

想いを託した手紙を書き、用意しておきましょう。

こちらも上記同様に火葬時に用意していれば、ペット葬儀社がペットと一緒に火葬してくれます。

旅立つご自身のペットも、飼い主からの手紙があると喜ぶ想いを綴った手紙を用意して一緒に火葬してあげましょう
のではないでしょうか。

また、このように飼い主自身もペットへの想いをまとめ、手紙を書き、文字に起こすことでその時は非常に悲しい思いをしてしまう可能性はありますが、現実を受け止め、気持ちの整理をすることができます。

鮮やかに彩る、お花(生花)を用意しておきましょう。

こちらはもちろん準備が出来ればで構わないと思いますが、もし葬儀まで時間があるのであれば、少量でも構わないので、お花(生花)を用意してあげてください。

ペットの生まれた月のお花だったり、よく散歩に出かけた
コースに咲いていたお花だったり。

亡きペットにお花(生花)を用意してあげましょう

お花(生花)は自然なやわらかいお花の匂いがありますので、
ペットも喜ぶでしょうし、飼い主自身もすっきりとした気持ちになります。

こちらも一緒に火葬することが可能だと思いますので、
ペット葬儀社に相談してみてください。

色が濃いもの、赤や紫などはお骨に色が付着してしまう
場合がありますので、避けるようにすると良いでしょう。

ペット葬儀社によっては、お花も用意してくれる場合も
あるようです。

首輪や写真について

火葬する前の別れ時には、首輪や写真をお花(生花)と一緒に飾り、最後の時間を過ごしてあげましょう。

ただ、首輪や写真は一緒に火葬してしまうと、
お骨に亡きペットの首輪や・写真を用意しておきましょう。 付着してしまう場合があるため、なるべく避けるようにしましょう。

ペット葬儀社によっては、ペットの身体から距離を離して
火葬してくれる葬儀社もありますので、もし一緒に火葬して
あげたいと思ったら、必ずペット葬儀社に相談してください。

まとめ

服装は、カジュアルな服装(私服)でもOKですが、我が子(ペット)の旅立ちのひとときなので、あくまでも気持ちは喪に服すようになるべく色が暗い(黒系・グレー系)の服装にすることを心掛けましょう。

必要な物は、一緒に火葬してあげたい物

・おやつ
・おもちゃ
・お花
・首輪や写真

これらを準備しておくことをおススメします。

また、ペット葬儀社によっては火葬方法も変わってくる場合があるので、必ず事前に聞いておきましょう。