ペット葬儀の種類

ペット葬儀の種類イメージ
ペット葬儀の種類ページイメージ

今の時代、どんなペット葬儀があるの?

現在、ペットの葬儀には基本的に2種類存在します。

まず一つ目は「訪問ペット葬儀社」といって、車両の中に専用火葬炉が搭載されていて、遺族の自宅まで訪問し、自宅前もしくは自宅近くで安全にペットを火葬してくれるペット葬儀社。二つ目は「ペット霊園」の付属施設でペットの火葬を行うペット葬儀社です。

この二つの何が違うのか。また、メリット・デメリットをそれぞれ紹介していきます。大切にしてきたペットの最期。誰も後悔したくのないひとときのため、ここでしっかり違いを理解し、ペットの旅立ちを見送りましょう。

「訪問ペット葬儀社」

火葬炉を搭載した訪問ペット火葬車イメージ

火葬炉を搭載した訪問ペット火葬車

火葬炉を搭載した訪問ペット火葬車

「訪問ペット葬儀社」とは上記でも簡単に
説明したように、車両の中に専用火葬炉が
搭載されていて、遺族の自宅まで訪問します。

その後、自宅前もしくは自宅近くで安全に
ペットを火葬してくれるペット葬儀社を指します。

聞いた瞬間に「そんな事が出来るの?!」と
思った方もたくさんいらっしゃることでしょう。

でも、今現在はこちらのペット葬儀社が増え、主流になりつつあります。
やはり都心を中心に、自家用車がなくても生活できる土地もたくさんあります。

そのため、自ら車を用意しペット葬儀施設まで出向かなくても葬儀することが可能です。

また、費用面でも施設でのペット葬儀と比較すると、良心的な費用設定のペット葬儀社が大半を占めますので、依頼しやすいでしょう。

ただ、その一方施設を構えていないので「悪徳業者」が存在することも事実です。
しっかりと事前情報を知り、見極める力も必要になってきます。

メリット

・自宅まで訪問してくれるため、自ら施設へ出向かなくていい

・費用が良心的

・ペットが慣れている「自宅」で旅立ちを迎えられる

・葬儀の受付時間が長い

デメリット

・見極めなければ「悪徳業者」が存在する

・少々簡易的

・周りの目が気になる

ペット霊園(施設)での火葬

こちらはご自身で自家用車を用意し、

ペット霊園(施設・斎場)イメージ

ペット霊園(施設・斎場)イメージ

ペットを施設まで搬送して葬儀を行う方法です。

施設には専用斎場やお別れの部屋(施設によっては
そういった場所がない場合がございます)などが
用意されており、そこで最期の別れ・収骨等行います。

また、もしも納骨供養を希望される場合は、そのまま
納骨することも可能ですし、後日納骨することも可能です。

ただ、こちらの施設で葬儀を行う場合、どうしても費用が
高騰してしまうので、亡くなる前に動物病院にかかっていた
場合など、費用的に難しいかもしれません。

また、自ら出向く必要があるので、自家用車の用意・遺体の搬送を自ら手配しなければいけません。

メリット

・施設で最期を迎えられる

・ゆっくりと最期を見送れる

デメリット

・費用が高い

・火葬後、納骨供養の営業がある

・自ら自家用車・遺体の搬送の手配を行う

まとめ

今の時代、二つのペット葬儀種類がある。それぞれメリット・デメリットはありますが、最終的には喪主様の環境やその時のご都合もあるかと思います。こちらは家族みんなで相談し決定するのが良いでしょう。ただ、訪問ペット葬儀社・ペット霊園ともにきちんと事前に情報収集することが大切です。ネットで情報収集することも良いですが、気になる葬儀社には直接電話やメールをして事前相談することも大切です。その時の対応や、サイト上の情報は正しいのか調べてみてください。