ペットのお葬式【土葬とは?】

ペットの葬送方法でもある「土葬」。いったいどんな定義があるのでしょうか?
ペットの葬送方法でもある「土葬」。いったいどんな定義があるのでしょうか?

ペット葬送方法の「土葬」とは

犬猫などのペット(飼育動物)が亡くなってしまったら、葬送を行わなければなりません。一般的に知られている方法が、当サイトで知識をお伝えしている「ペットの火葬」です。しかし、その「ペットの火葬」は近年まで一般的に用いられた葬送方法ではなく、最近主流になってきた葬送方法です。一昔前までのペット葬送方法は「土葬」でした。その「土葬」について詳しく説明していきます。

数年前まで「ペット火葬」ではなく「土葬」だった

今現代では、ペットの葬送方法として「ペット火葬」が一般的となり、

現代ではペットを火葬することが主流です。

その需要から「ペット葬儀社」が増えていますが、数年前までは「土葬」が用いられていました。

犬・猫・小動物から大型犬まで大きさに関係なく、亡くなったらその遺体のまま土に埋め、供養する。

そんな葬送が一般的だったのです。しかし、マンションやアパートに住む方が増え、次第に土地を持った(庭など埋葬できる場所)方々が減少し、土葬が出来なくなった背景があります。

「土葬」から、きちんと見送ってあげる「ペット火葬」が主流に

上記でも説明したように、一軒家のマイホームを持つ方が減少し、必然的に「ペット火葬」が主流になった背景もありますが、ペットへの扱い・存在意義が変化したことも一つの理由です。

「ペットは家族の一員」ペットは今ではきちんと葬儀を行い、後悔のない別れをおススメします。

このような存在意義が近年では定義され、ペットへの扱い方や存在意義が変化していった事も「土葬」から「ペット火葬」へ変化していった理由でもあります。

今現在も日本の問題である「少子高齢化」で、結婚をせずペットへの想いを寄せる方や、子供(息子・娘)が自宅で不在になり、寂しさから高齢者がペットを飼うようになってきています。そんなペットへの愛情が変化し、亡くなった後もきちんとペット葬儀社に依頼し、見送る飼い主も増えてきました。(その中でもペット葬儀の種類があります)

ご存知でしたか?「土葬の定義」

そんな昔ながらの葬送方法である「土葬」には、実は定義があります。その定義をご紹介します。

・300年間存続できる安住の地であること土葬にも定義があります。きちんと見送ってあげましょう。

・埋めた場所がわかる物や墓石があるか

上記の事柄が必要になってきます。

もちろん、他人の土地や公共の場所(河川敷や公園など)は土葬をする事は許されません。この定義を見ると、そう簡単には「土葬」という手段は取るべきものではない葬送方法です。また、このような定義があると知っていて、自分の大切にしてきたペットを「土葬」するわけにはいきませんよね。

まとめ

一昔前までは「土葬」が主流でしたが、近年では「ペット火葬」が一般的となってきています。その飼い主自身もペットへの想いが変化しつつあり、「ペットは家族の一員」。そんなことから、きちんと最期を送ってあげたいと思う飼い主が増え、ペットのお葬式を上げるようになってきました。

土葬の定義のまとめ。

また、「土葬」には定義があり、

・300年間存続できる安住の地であること

・埋めた場所がわかる物や墓石があるか

上記の事柄必要です。

費用が用意できないからと言って、これまで我が子同前可愛がってきたペットを「土葬」することはお勧めしません。きちんとペット葬儀社に依頼し、後悔ない最期を送ってあげましょう。

当サイトでは、きちんと後悔のないペット葬を送るための、ペットの火葬ができる葬儀社ランキングを掲載しています。是非後悔のないよう参考にしてください。

ペット葬儀社の選び方メニュー

ペット葬儀の種類

安心できるペット葬儀社とは

ペット葬儀のコース内容ってどんなものがあるの?

ペットのお葬式かかる費用

ユーザーの口コミ評価の多い
東京・神奈川・埼玉の
おすすめペット葬儀社は
こちら
ユーザーの口コミ評価の多い
東京・神奈川・埼玉の
おすすめペット葬儀社はこちら